33分探偵 #09「船上殺人をもたす」

33分探偵
09 /28 2008
懸賞に当たりました~ヾ(≧∇≦)ノ

大田原(高橋克実)警部、豪華客船の船上ランチが当たりましたよ
一生ぶんの運を使い果たした感じですねw


しかぁし!

当然のよーに、殺人事件が・・・

もうオマエらどこにも出かけんな!


船で殺されたのは、どっかの社長・児玉一郎(小倉馨)。。。
現場は密室、血で書かれた「」のダイイングメッセージ。

推理ものっぽくなってきましたよw
33分探偵・鞍馬六郎(堂本剛)の出番です!
この事件、オレが33分もたせてやる!

「じっちゃんの・・・
じっちゃんの名にかけて!





「とうとう出ましたね!」

とうとう出ちゃったよ~
最終回は、なんでもアリだ。

「はじめちゅわん

犯人は、赤いシャツを着て血まみれの男・進藤(豊永利行)
なんか勉強がうまくいかなくて、むしゃくしゃしてたとか。
メーワクな犯人だ。


しかし、ここからが六郎の腕の見せ所。
なんとしても番組終了まで事件をひきのばさなくては!

またしてもムチャな推理劇場がはじまりましたよ。

犯人は、児玉の家族全員!
みんなで共謀すれば殺害できるのだ。

ここで、意外な共犯者の登場です。

「ふぁめんふぉさんさーさん!アナタだ!!」

誰!?フラメンコダンサーをなぜボカす必要があるの!?

なんと
「フラメンコのステップを踏む音がモールス信号になっていた」のだ!


一郎出た
殺せ殺せ
やれ殺せ


ていうふうに、足音がね。て無理。


娯楽室でTVを見ていたアリバイのある長男は、テレビを抱えたまま社長を殺害に。。
TV置いてけよ!

そしてデッキから鏡に太陽の光を反射させてドアに鍵を!
ハイテクなんだか、なんなんだか!


当然、ぜんぶ間違ってましたよ推理!


仕切りなおしで情報屋(小島よしお)に情報を聞きにいく、六郎。
今日はレンタルビデオショップの店員さんです。


「先ほどは犯人と間違えて、すみませんでした」

お詫びの品は白玉の詰め合わせですw

でもまだやります!
犯人はトランペッターの風見(岡田義徳)や!

フラメンコの演奏を終え、抜け道をとおり、社長の部屋へ侵入。

「ギタリストのあなたにピッキングはお手の物だ」

「ピックつながりかー!」


確かにそこはつなげちゃダメだー!


部屋にヨガの先生を潜ませ、て誰か気づけよ!

ヨガをすすめられた社長は
どんどん健康になっていく気がした

しかし船が揺れたので倒れたところに、鈍器が!

そして進藤に
「この人刺してみそ」
気軽な感じでけしかけちゃダメー!

さらにヨガまでやってく犯人。
じゃっかん健康になったような気がしつつ、何事もなかったようにステージにもどる。

相変わらず無茶な推理です!


さらに
「船を揺らしたのも、あなたです」
ときたよ!

なんと、巨大な鏡に映った自分の船の姿に驚いた船長が、あわてて舵を切ったために、船が揺れたのだったー!

巨大な鏡、銀色の折り紙とかガムの包み紙を張り合わせた手作りだそうですw
高さ55メートル、幅460メートル!

それを「なんやかんやで頑張って」ベイブリッジに仕掛けたそうですよ

なんやかんやって、なんだよ!

「なんやかんやは・・・なんやかんやですけど、なにか?」


逆ギレかよー!



しかも、トランペッターの肺活量でその銀紙の鏡を訳もなく吹き飛ばしたとか!

怪獣かー!


と、バカな推理を繰り広げていたら真犯人の新藤が

「もうその強引な推理やめなよー」
と棒読みでさえぎってきたー!


動機は、成績が悪くてむしゃくしゃしていたから。

「そんな理由で、人は人を殺さないです
いや、殺してはいけないんです」


おおお、なんか社会風刺になってきましたよ!


殺したいと思っても、最後の良心で踏みとどまる。
それが人間なのです。

「キミみたいにたいした動機も、たいしたトリックも組まず殺人を犯す犯人がいるから、ボクがいつまでも苦労するんです」


つまり六郎の推理が当たらないのは、社会がおかしいからってことですね!
確かに、無差別殺人ほど迷惑なものはありませんよね。。

「またそうやって、簡単に人を殺すんですか?

全員が見ている前で射殺なんて、
ミステリーとして10分も持ちません

人を殺してる暇があんねんやったら、勉強せいや」



「母親みたいなこと、言うなー!!」

バッキューン

ええええええ!!!!

撃たれたー!!!


「警部・・・あと3分、もたせることができなくて、ごめんなさい・・・」


まさかの主人公死亡!?
この展開は予想外だー!

って、死んでないのかよ!!

なんなの?お守りのおかげで助かったの?
リカコくん(水川あさみ)の折れたヒールを胸ポケットに入れていて、助かったんだそうですよ。
そんなシーンあったっけ?わかりづらっ!


なんか最後らへんはよけいだった気もするけど、
全体的にくだらなくてゆるい感じがおもしろいドラマでしたw





★初回生産限定:オリジナル3×3絵合わせパズル付!

■10%OFF+送料無料■初回盤(オリジナル携帯ストラップ&ブックレット封入)■堂本剛主演 33分探偵 DVD-BOX


にほんブログ村 テレビブログへ
関連記事

コメント

非公開コメント

おっはよーございます。
昨日、起きてたのに、見逃してしまった・・・
il||li _| ̄|○ il||l

相変わらずの感じだったみたいですね。
見たかった><

^^)/凸☆

こんちゃ!
これ、最終回だったのかな?見たかったなあ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

んにょーん、一度も見ないまま最終回だったのねw

おはよう♪
月曜日だね・・
頑張ろうね

ハハハ、じっちゃんの名にかけて!!(爆
なつかしいですねぇー、ともさかりえちゃんも
スキでした♪

動&ポチ&おうえん!

最終回なのに見逃してしまいました・・・orz

でもここで詳しく書いてくれてるから内容分かりました♪
もう読んでて大爆笑でした(≧▽≦)

ついに「じっちゃんの名にかけて!」出ちゃったんですか!!いつかは出るかと思ってましたがw
これが分かっただけで大満足です(爆)

トリックみたいにまたお休み期間置いて復活してほしいです~!(トリックも大好きでしたw)

こんちゃ~
おもしろそうだよね。
DVDになったりするかな?見てみたい

トラックバック

33分探偵 最終回 感想

最終回は 六郎・リカコ・大田原の乗った船で 殺人! で、 なんやかんやありましたが ストーリーはさほど 重要ではないですよね。 今回で最終回でしたが このドラマ毎回食い入るほど夢中になってはいないし 見逃したからといっても別にどうでもよかった...

こんなドラマがあってもいい 33分探偵#09

まっまさかの結末 今回は船上での殺人事件。 おっさんの頭が鈍器でカチ割られ、血だらけの殺人現場にはダイイングメッセージ『赤』が残されていた。 そして、探偵六郎が乗客相手に大きく的を外した推理を繰り広げるいつものパターン。 最終回らしい特別なことは無い...

33分探偵 (最終回)

昨日は、毎週土曜よる11時台にフジテレビ系列にて放送されていた連続ドラマ『33分探偵』の第9話(最終回)が放送されました。 ●導入部のあらすじと感想

33分探偵 第九話 最終回「船上殺人をもたす」

懸賞に当たり豪華客船でランチをする事になった六郎(堂本剛) リカコ(水川あさみ)、大田原(高橋克実)。 その豪華客船では、児玉一郎(小倉馨)の誕生日パーティーが 開かれるため、児玉家の人々も乗り込んでいた。 はしゃぎすぎて転び、ヒールの踵を折ってしまうリカコ。...

33分探偵

「33分探偵」が最終回を迎えてしまいました。「33分探偵」の第1話を観た時には、

頭だけでも、出演ですけど何かぁ?(33分探偵#9最終回)

『33分探偵』オレが33分もたせてみせる!じっちゃんの名に賭けて!!!つい「一ちゃん」って口走ってしまった探偵助手・武藤リカコ@水川あさみ・・・探偵・鞍馬六郎@堂本剛(Kinki Kids)は、やはり金田一一from「金田一少年の事件簿」だったのね!!! な訳ないw鑑識...

33分探偵 最終回 感想

『船上殺人をもたす』

33分探偵

最終回の感想 

33分探偵 最終話 「船上殺人をもたす」

六郎(堂本剛)「俺が33分もたせてみせる。じっちゃんの名にかけて。」リカコ(水川あさみ)「はじめちゃん。」

33分探偵 最終話

「俺が33分もたせてみせる!! じっちゃんの名にかけて!!」 「一ちゃん・・・」 最終回でとうとうやっちゃった。 局越えのコラボ? やっぱ剛くんのはじめちゃんがいちばんシックリくるなぁ~。 また金田一見たくなっちゃったよ。 六郎が犯人に撃たれたけど、?...

33分探偵 第9話(最終回)

33分探偵 第9話(最終回) フジテレビ 2008/09/27 (土) 23:10~ 「船上殺人をもたす」     ★はじめに   さて・・書くか・・。あたらしい試みで実は初回はそんなに食いつかなかった私。 でも2話を見てお決まりネタがわかった瞬間、はまっ...

YJ44号&33分探偵

YJ44号は全体的に良く次はHUNTRE復活だし は海賊ハンコック七武海で凄い覇気でも CP9と同様にハンコックも味方になる可能性あるし は仙人の修行が完成して秘密の特訓して 暗号は解読が出来ず木の葉にペインが襲来したし トリコは謎の生物がで美食曾が操り

33分探偵

さて、夏クールで唯一毎週楽しみにしていたドラマ。 今のドラマに対するアンチテーゼ感があるはずなんだけどそれは感じさせない、娯楽として良質の基準を守った作品だったと思います。 で。 なんでも堂本さんが金田一少年をやっていた~というのは最高のフリで、最終...