スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年秋アニメは少女終末旅行が面白かった

アニメ感想
12 /30 2017


お父さんが入院しちゃったりで秋アニメあんまり見てないけど、少女終末旅行は全部見たよ(*´∀`*)
終末を迎えた世界を少女2人が旅する物語で、寂しい世界観と漫才みたいな会話のギャップが面白かった。

ゆるい日常系みたいに2人でじゃれ合ってとりとめのない会話をして、ときどき神様とか生と死とか哲学的な話をして、ただ2人が話してるだけなんだけど、不思議に引き込まれる雰囲気でじっと見ちゃう。
チーちゃんとユーが表情豊かで可愛くて、雨音で歌ったり月を見て酔ったり楽しかったなぁ。



世界には壊れたビルと兵器の残骸がたくさんあって、機械を自動増殖するプログラムでどんどん兵器は進化したみたい。
そして世界は焼きつくされて、生命はもう残っていなくて、地球はもうすぐ終わりなんだって。
ヌコ族が地球を浄化してしばらく眠りについたら、きっとまた新しい生命が生まれて新しい地球になるんだと思う。もう人間はいないけど。なんかヌコはナウシカの腐海みたいだね。



それでもたった2人残ったチーちゃんとユーは、まだ終わりのその時が来るまで旅を続けるの。終わるまでは終わらないよ。
不思議と悲壮感がなくて、チーちゃんとユーの2人がいれば楽しいんだろうなって思っちゃう。あなたがいればそれでいい、寂しくないよってすごいね。
きっと人は近視眼的な生き物で、大切な人がそばにいてくれたら、それだけで幸せになれちゃうんだね。
それはとっても素敵だって、人間賛歌に思えたよ。


関連記事

コメント

非公開コメント

終わるまでは終わらないけど終わったよ!

あらら、大変だったんやね。お父さんはもう元気になったのかな?願わくば、貴女とその大切な人達が笑って新年を迎えられていますように。

で、少女終末旅行ね。
ああ、コレは面白かったね~。間違いなく【癒しアニメ枠】だよ、うん。
公式では、“ロードムービー”って謳ってたなぁ~。確かに出会いと別れの物語でもあったね。ゲストキャラ声優がやたら豪華。
あと、ちーちゃんが丸い!アンパンマンとタイマン張れるくらい丸い!美容室で顔に乗せられたタオルが“ちゅりんっ♪”って滑り落ちちゃうくらいに丸い!
…うん、言い過ぎた!
巨大ヌコがキノコに変形したのには驚いたなぁ。エンドクレジットで【エリンギ】って名前になってたのは笑ったけど。
記事に書いてない要素で言うと、劇伴がムチャクチャ良かったよね。
幻想的な音楽ばかりで、毎回癒されてたよ。

もう2月になるけど…2018年冬アニメは、ノイタ枠の【恋は雨上がりのように】がお薦めだよ~。
“脚のケガで陸上という夢を諦めたJKが、冴えないファミレス店長(バツイチ)に恋をする…”
って話。
原作コミックが良作なんだろうけど、(進撃でお馴染み)witstudioがいい仕事してるんだな。
作画も美しいけど、繊細な描写が秀逸だと思った。人物描写に至っては、“その何気ない所作でさえが、全て愛おしい”…と感じるかも(ゴメン、ちょっと言い過ぎたかも)。
あと、コメディ調のシーンも多くて笑える。笑いとシリアス(恋愛要素)のバランスも絶妙だと思うよ、今のところ。
とりあえず、メイン二人のやり取りを見てるだけで可愛らしいなぁ~って和めるね。
とりま、ネットに公開されてる番宣動画だけでも観てみる価値はあると思うよ~☆

トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。