スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国コレクション 第22話 「The Splendor」 感想

戦国コレクション
09 /01 2012
逃亡者・伊達政宗VSまる戦の女!

警察に戦国武将対策室とかあるんですね!Σ(・ω・ノ)ノ
前も出てきた日暮刑事(遠藤大輔)とともに独眼竜姫・伊達政宗(恒松あゆみ)を追う華麗・片倉小十郎(今井麻美)

小十郎が捕まえに行きますから…( ・`ω・´)
身内だからこそ犯罪者を許すことはできない片倉小十郎。
政宗を牢屋に入れる気まんまんです!
冷たいんじゃなくて真面目で、愛しているから許せない・・・(´;ω;`)
大人の百合道!

政宗を庇う殲滅姫・最上義光(上坂すみれ)ちゃんや名もなき村の人たち!
悪いことしてるのに人気がある政宗と、いいことしてるのに嫌われてる小十郎。
善悪はあいまいで、時代でも立場でも変わってしまう。じゃあ規範より気持ちを、好きを優先して生きてもいい…?
ひぐらし刑事はろりこん・・・

政宗さま、金沢の漁師村で景子(小島幸子)さんと一緒に暮らしてる!?浮気か!
え、しんでた~!?Σ(゚д゚|||)
海を眺めていた政宗が断崖絶壁から落ちたというのは村ぐるみの嘘!政宗さま人望ある~♪

どうして私は~空を見上げてるの~♪
急にキャラソンはじまったww

小十郎「どうせ私は仕事ばっかりで、1人にされても平気な女ですよ!」

小十郎の心の叫び!

政宗「小十郎…お前が追いかけてきてくれるとは思わなかった…
これからも、私と一緒にいてくれ」


力強く抱き寄せた~!宝塚みたい(❛ᴗ❛人)✧
出会えて溢れる涙。本当の気持ち。
だけど、離れたくないのに生き方を変えられない不器用な2人。
似ているから惹かれて、似ているから反発して。ままならない気持ち。

スタイリッシュ寸止め!

「あんたはずっと政宗を見張ってろ
悪かったよつめたい女なんて言って
笑ってるあんたは、やっぱりいい女だよ」


ひぐらし刑事かっこいいww
背中押されて、どこまでも政宗についてく覚悟が固まった小十郎。
デレた小十郎かわいい(*´ω`*)

小十郎「私がそばにいると決めたのは、政宗さまだけです」

政宗「どこへ行きたい?」

小十郎「政宗様の行くところなら、どこへでも…」


きゃーお姫様抱っこ゚+。(〃ノωノ)。+゚
すべてを超越できる好きって気持ち
百合はすばらしいですね(*・`ω´・*)!

 

 

⇒戦国コレクション その他の商品も見る
関連記事

コメント

非公開コメント

こんばんはー!
今回はまた濃厚な百合回でしたね!
邦画でこられると弱いんですが、これはゼロの焦点…?
大人な感じのお話でした。
(スタイリッシュ寸止めにはやられましたw)
これで伊達勢の話はおしまいかな?ちょっとさみしい…
次回はロリ!この落差こそ戦コレ!ワクワクです!

アンタのキャラソン挿入の方が…

よっぽどフリーダムだろうがっ!w
●ウケたけどねっ!wモノクロに紫スカーフ?のワンポイントとか、使い古された手法だけど挿入歌の雰囲気と絶妙にマッチしていて良かったね。哭きのメロディー、隠した気持ちを照らし出すかのように輝く海面…をバックに吐き出される小十郎の慟哭。爆笑したはずなのに、なんかググッときたぜよ☆これも感受性ってヤツぅ~?♪
●スレまとめによると、今回のメインネタは松本清張パロディーらしいね…。んで、清張Wikiによると、『崖っぷちで、犯人と対峙してそれまでのネタばらしをする…』ってシチュエーション(いわゆる火サスな、火サス。テケテケッ♪テケテケッ♪テ~レ~♪)は清張原作の「ゼロの焦点」が[元祖]と言われてるそうな。…深い…無駄に深過ぎるよ戦国コレクションw
●ところでウサギが[ピン]で登場しとったけど、揉めたりしないんかいな…?wまぁ、三巫女の中ではイチバン『揉めそう』だけどねっ!なんちてー!
ー(おい、下ネタ)
●小十郎はまた凄い衣装だなコレ…。こう、両手で隠しながら見ると……スタイリッシュ全裸ー!?袖引っ掛けたらおっぱい丸出しだよう~!
ー(結局おっぱいに食い付くんですね…)
●感動的な邂逅シーンで小十郎さん、手が……wアレか、[条件反射]ってヤツか。無意識に政宗の胸に手がいく…っていう。
ー(痴漢の言い訳ですか)
●小十郎「まちゃむねママ…」政宗「小十郎はママのおっぱいしゅきでしゅね~♪」
ー(おい、キャラ崩壊)
●今回の脚本、クライマックスまではなかなか良かった…(のんびりした流れだったけど、『どうなる?どうする?』って引き込まれた…ってのは言い過ぎかw)。ただ最後の繋ぎが惜しかったかなー。もう少し丁寧に描いてくれたら…とか思った。ベタな流れなんだけど、好みな終わり方だったからねー。序盤に振りまくってた、「アンタ冷たい」って台詞。小十郎の中でそれが[反転]する描写をだね…もっと丁寧に観たかったんだよね。ま、圧倒的に[尺]が足らんだろうけどw……圧倒的に[尺]がタランティーノ、なんちてー!
ー(思い出した様にボケなくていいです、よ?)
●織田パイが乱入する隙すら無かったからな…wとは言うものの、けっこう好きかも、今回。村人が…ってクダリも実はコッソリ鳥肌的瞬間キテた。この人、心が死んでるよ…とかすら感じてた小十郎が、政宗に再会した途端に[ひどく人間的]な面をダダ漏らししちゃう辺りとかいいよね。「ああ、この人は政宗の事がめっちゃ好きなんやな」ってのがよく判る。『嬉しい時は泣くんだ…』って描写も好き。可愛いじゃないか。……………………………アレ?義光ちゃん!うしろっ、うしろっ!!
ー(は?)
●村田あああああ!!
[長文失礼致しました☆]

●てな訳で、極上の百合抱っこ、美味しゅうございました☆観てて良かった戦国コレクション~♪

トラックバック

戦国コレクション22話「The Splendor」の感想

伊達に4話から22話まで逃げてない。 伊達なのに伊達じゃない(……)というような最低のダジャレはさておき、 逃亡犯伊達政宗を追うのは片倉小十郎というような話。 真面目で一本

戦国コレクション 第22話「The Splendor」

小十郎さんって、警察側の人だったんだあ。 アイキャッチが妖艶です~(〃∇〃) 肩出しコスは色っぽいですね。 予想してたのとは随分違う感じでしたが、秘宝関係除いて政宗姐さん編

戦国コレクション 第22話 「The Splendor」 感想

片倉小十郎と伊達政宗、追う側と追われる側になったふたりの想いの結末。

女心と夜の海。 戦国コレクション 第22話「The Splendor」感想

戦国コレクション 第22話「The Splendor」感想 夜の海は暗闇で海面が上なのか下なのか分からなくなるように、女心もどっちを向いているのか。よく分からんです。

◎戦国コレクションCOLLECTION22「TheSplendor」

Ψ警察所長:伊達政宗、逃走中。ヒグラシくんと知らない中じゃないでしょ 日暮:こっちの命が足りないでしょ。:今日から頼むよ、新人を一人つけるから。 :名前は確か、カタク...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。