スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河ドラマ「八重の桜」 第3回「蹴散らして前へ」感想

大河ドラマ
01 /20 2013
開国か否か!日本が揺れている!

ぷるんぷるん!
八重もおにいちゃんに鉄砲を教わることに!
かっちょいい(*´∀`*)
撃つとき目瞑っちゃう八重。わかる~撃ったことないけどw
目玉くりくり綾瀬はるか可愛いw

覚馬お兄様は失礼な侍と決闘!
鉄砲撃ちは下に見られてたんですね(´゚ω゚`;)

西島秀俊まっちょ!筋肉すごい∑(゚Д゚)
槍を持っても鬼神のような強さ!
かっこいい~+゚。*(*´∀`*)*。゚+

お兄様やっつまった!
お殿様に井の中の蛙だっていっつまった!
無期限外出禁止処分になっちゃった~Σ(ノд<)
筋肉のもちぐされだよぉ~

「世の中にはままならぬこともあるのですよ」
鈴木先生クール!
正しいことを言っても認められない世の中の理不尽。
納得いかなくても諦めないで自分ができることを頑張る!
八重は前向きな子!鉄砲の才能もあるみたい(*´∀`*)

 

⇒綾瀬はるか 生写真

 

⇒八重の桜 その他の商品も見る
関連記事

コメント

非公開コメント

侍の武器はあくまで槍や刀、弓矢であり鉄砲は足軽の武器というのは一般的な通念だったんで、鉄砲を軽視するのはわりと無理ないことなんですが、実際には長篠の戦いで織田信長がとうにこれからの戦は鉄砲だということは証明していたわけで……


西島さんの体物凄かったですねw これから毎週婦女子の皆様や一部の男性向けのサービスとして覚馬兄さんが脱ぐのか気になります(笑)そしてイケメンと同居中なのに相変わらず鉄砲のことしか頭にない八重さんの筋金入りのガンスリンガーガールっぷりが素敵です。


容保様は義理の妹と結婚とかまさしくお兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ、でしたね。ここ二回会津の素朴な景色の後に江戸屋敷の雅やかな風景を見せられるとそのギャップに面食らいますが。

トラックバック

【八重の桜】第3回 「蹴散らして前へ」感想

桜の木の上で砲術本を読みふける八重(綾瀬はるか)。毛虫に驚いた拍子に本を落としてしまう。 すると、そこへ一人の青年武士が通り、本を拾い上げる。 それは江戸から覚馬(西島

『八重の桜』 第3話 「蹴散らして前へ」

「何かを始めようとすれば、何もしない奴が必ず邪魔をする。  蹴散らして、前へ進め!」(象山)  確かにそうだ。  文化的、産業的には革新は必要である。  「変わらなければな

大河ドラマ「八重の桜」 #03 蹴散らして前へ

鉄砲を学ぶことが決まった八重。 それを教える覚馬も緊張の面持ち。

大河ドラマ「八重の桜」 第3話 あらすじ...

開国か否か-----------!?揺れる日本。その時代に夢をみた兄妹。会津で蘭学所を開くことにした覚馬。準備は着々と整ったよう。兄の指導を受けることになり、女子としての針仕事もあり...

八重の桜 第3回 蹴散らして前へ

『蹴散らして前へ』 内容 安政4年。帰国した兄・覚馬(西島秀俊)から、覚悟を決めるよう促され、 ついに八重(綾瀬はるか)は、砲術の勉強を本格的に始める。 ある日、八重が木の...

〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」 徳川家定はインパルス板倉ではありません

この時点で八重は12〜13歳。 綾瀬はるかは比較的童顔とは言え、さすがにちょっと無理がありますな。 これが大河ドラマの悩みどころ、 いったいどこまで子役で引っ張るかと。 ま

『八重の桜』第3回

蹴散らして前へ

八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」

始まって3回目を迎え、ようやく物語としても落ち着いてきてストーリーの組み立て方が分かってきたように感じます。八重の周辺、会津藩の様子、そして世の中の動向という3部構成で成

「八重の桜」 第3回、蹴散らして前へ

大河ドラマ「八重の桜」。第3回、蹴散らして前へ。 何かを始めれば必ず邪魔する者が現れる。 蹴散らして前へ進むのだ。 今回は、邪魔をされた話。

大河ドラマ「八重の桜」第3回

一人でも、やり続ける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301200005/ 八重の桜 一山本 むつみ 五十嵐 佳子 NHK出版 2012-11-27売り上げランキング : 1709Amazonで...

「夜行観覧車」第1話★TBSがつくると「意地悪婆さん」がメインになる

「夜行観覧車」第1話 ”湊かなえ”テイストではありません。 初回を見た限りでは、原作の主題を外れて面白おかしい部分に焦点を持って行き、派手にデフォルメしたあざといドラマ...

八重の桜 第3回 「蹴散らして前へ」

今日はなんといっても覚馬ですわな。 よく俳優さんが上半身裸になるので撮影までに鍛えて来ることがありますけど 想像以上の鍛え方でびっくりました@@ 覚馬 「鉄砲は腰抜け

八重の桜 第3回「蹴散らして前へ」

何かを始めようとすれば何もしないやつらが必ず邪魔をする。 蹴散らして、前へ進め――。 今回、象山が語った言葉です。 先を進む者は理解されず、それでも進まないといけない。 今 ...

大河ドラマ「八重の桜」信念の人3八重は自ら見様見真似で実弾を作り見事的を狙って実弾を命中させた

大河ドラマ「八重の桜」第3話は八重は裁縫よりも砲術本を読む事に夢中になっていた。そんな中若い武士が通りかかり本を拾い上げる。その人こそ後に夫となる尚之助だった。尚之助 ...

【八重の桜】第3回感想と視聴率「蹴散らして...

20日、『平成25年お年玉付年賀はがき』の抽選会が行われ、当選番号が決定しました。当選番号の一覧はこちらです。&nbsp;第3回の視聴率は、第2回の18.8%より下がって、18.1%でした。続落...

泣くな、はらちゃん第1話 & 八重の桜第3話(1.19-20)

・泣くな、はらちゃん第1話 私生活の鬱憤を漫画にぶつける越前さん@麻生久美子、 そんな越前さんの鬱屈した気持ちを直撃し、暗くなっている漫画の中の世界を救おうと、 漫画の登場...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。