たまゆら~hitotose~ 第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」感想

たまゆら~hitotose~
10 /11 2011
つけ麺は広島風が1番!

お好み焼きも広島風が1番!

竹原に来て1ヶ月がたちました。
友達もできたみたいヾ(。・ω・。)ノ

新しい生活。新しい自分。
引っ込み思案な沢渡楓はアグレッシブになろうと努力していた!
ちゃんとたまゆらの写真も撮れて、幸せなんですねー♪

もうすぐ竹まつり!
竹まつりってほんとにあるのかな?
街のいたるところに竹が。街並みキレイ~(*´∀`*)

お泊まり会やろー!
デフォルメ可愛い(*>ω<)
かおたんのためのお泊り会なのに、竹まつりの準備で来れなくなっちゃって。
でも一緒に手伝うことに!

お好み焼き人形wなにこれw
堂郷 和太郎先生はかおたん狙いかと思ったら、お好み焼き屋さんのお姉さんが好きなのか・・・ダジャレがひどいw

夜の街は別の街みたい。
夜の撮影は難しそうw

街も人もいろんな顔を持っていて、その一瞬の顔も写真に残しておけて。
見る人の心でも違って見えて。不思議ですね。
撮る人の心も写りこむのかな?

「たくさんいろんな所に行って、いろんなことをしようね
たくさん思い出をあげる
大好きなものが増えると、力をくれるから」


楽しい写真がいっぱい撮れるといいですね~(*´∀`*)
みんな優しくてあったかいなぁ。

  

 
関連記事

コメント

非公開コメント

最後のセリフいいね~^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

先生、ブヒが止まらないんです。

●いやぁ…「たまたま」いいねっ♪
ー(おっさん、おっさん)
●おっさん、言うな。
ー(判ってると思いますが[たまたま]じゃなく[たまゆら]ですから)
●下ネタはちょっと…
ー(瀬戸内海に沈めてあげますか?)
[閑話休題]
●2話はどんな感じかなあ、と思ってたんですが大満足の内容でしたね。もしかして、OVAの内容って空白?の1ヶ月の話だったりしますか?違うかな…?w
●冒頭、話が急に少しとんだ感じだったので少し戸惑いましたw
●場面転換の際に、カメラ(画面の事よ?)がフッと空を映す演出は、古典的だけど実に効果的ですよね。晴れやかな青空ならば、明るく。曇り空だと不安、予兆を強調する。粋だねぇ…☆
●ももねこ様、別に人語を喋る訳じゃないんですねw福井裕佳梨ちゃん、渾身の演技…wいいのか?これで…w
●ももねこ様は、かなりアバウトなデザインなのにお尻の穴はきっちり描いてあるんだね…w(;¬_¬)
●ぽてちゃん(名前、合ってる?)は、1話ではそこまで感じなかったけど、(ほら、相方がかなり面白い子だったから…w)かなりいいキャラしてますね。
●撮影する時、足を突っ張ったりするのは判るけど、何故ケツを持ち上げた逆さポーズになるかな…w面白可愛いよwというか被写体に夢中になってる証拠なんだろうから、アーティスト気質なんですね。格好は良くないが格好いいぞw
●まだ名前覚えられないけど仲良し3人も、いいキャラしてますね。私服もそれぞれ個性が出てていい。
●パジャマパーティー、黒髪ちゃんの寝間着は体操服に見えたけど違いますよね?違いますよね?違い…
●何気に入浴シーン挿入しやがって、殺す気か!w
●入浴後の髪を下ろした姿に妙にドキドキしたのは内緒だぞ?
●今のところ名前付きの男キャラは、チャラ度が高いな~と思ってたんですが、中身はそうでもないのかな?でも地元駄洒落は、かなりうざいかなw観てても疲れるもんw
●しかし背景美術が、本当に美しいですね。水面に写る家々や、雲の影の落ちた街並みの遠景(←今回はこれにときめいた☆)…カフェの内装も素敵ですよねぇ。熊本や大分に遊びに行った時、こういう店たくさんあった。田舎なんだけど小洒落たカフェ。ん?都会にもある?はっはっはー。判ってないなあw田舎にあるからいいんじゃないか。なんて。
●女の子も可愛いですな。作画のクオリティの高さって大事だな…。キャラの魅力が際立つ。
●色々(パーツの事。御察し下さい…)強調して媚びなくても、丁寧に描かれていればそれで充分なんですねぇ…。
●寝ちゃうと、リアル女子丸出しな さよ姉さんの言葉は、楓を包んだこの街の優しさを象徴していた気がします。
●たまゆらが、街の景色を丁寧に描いているのは、その穏やかな時の流れを感じさせる為…という解釈をしてみたり。
●そして写真は、撮る人の心も写す気がする訳なので。お父さんの撮った写真…お父さんの心の写った写真。そこにきちんと向き合ったからこそ、お父さんの言葉が聴こえたんじゃないかな、とか思った訳なので。
●ゆったりアニメだけど、見所イッパイで、細かいトコつつくとまだまだ書けそうですが、なんか既に[OH~べらぼう長文~]になってるので今回はこの辺で。
●気に入ると、コメントがアホみたいに長くなってイカんですなw

ー(では、長文失礼致しました)

心が暖かくなるアニメです・・・

自分はOVA見てないのですが、先週の1話・そしてこの2話を見てみてすっかり「たまゆら」の柔らかい雰囲気に惹かれちゃいました(*´∀`)

遅ればせながら2話見ました~☆このあにめは良質ですね~?
とてもきれいに描いてあるなあ、なので。(他がだめと言っているんじゃないですよ)
ばとるでも魔法でも非日常でもない、普通の等身大のあにめ。楓ちゃんの友情と成長の物語になるんでしょうか?


呼び方がぽて? あれ、いつの間に変わっちゃった(笑)

他の3人のお友達の名前がわかんないよ?(^_^;)

そして、お姉さんのふとん独占(笑)

3話も早く見たいです、なので。

トラックバック

たまゆら~hitotose~ 第2話 感想「やさしい香りに包まれた日、なので」

たまゆら~hitotose~ですが、沢渡楓はテントウ虫を撮影するのに夢中です。担任のダジャレには食傷気味ですが、語尾に「せ」がつくだけで、瀬戸の花嫁まで持っていきます。みんなでお泊り会をすることになります。(以下に続きます)

たまゆら~hitotose~ 2話「優しい香りに包まれた日、なので」

前向きになっていくぽって。これからの生活は希望に満ちたものとなるでしょうね。 たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】(2010/11/26)竹達彩奈、阿澄佳奈 他商品詳細を見る

たまゆら~hitotose~ 2話

知らないところで、誰かに支えられている。誰かが支えてくれている。 というわけで、 「たまゆら~hitotose~」2話 ステルス親切の巻。 新しい自分になるために。 引っ込み思案な性格と口下手をど...

たまゆら~hitotose~ 第2話 「やさしい香りに包まれた日、なので」 感想

今回も本当に素敵な雰囲気に包まれていましたね。ぼってたち4人と、それを見守るやさしい、素敵な大人たち。たまゆら~hitotose~ 第2話 「やさしい香りに包まれた日、なので」 感想です。

たまゆら~hitotose~ 第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」 感想

これからも沢山の楽しい思い出を 家でかおるを一人にしないためにお泊まり会をすることになった楓達。 写真を通して過去から伝えられるメッセージ。 父親の撮った写真からメッセージを受け取った楓。 楓がこれから先楽しい思い出を沢山作れるといいなぁと思わせてくれ...

たまゆら ~hitotose~ 第2話 「やさしい香りに包まれた日、なので」 感想

「お父さんの好きな街へやってきて、一月が経ちます」 っておい、展開が速いなww どうやらOVAをそのままテレビ放送用に流用するかと思ったら大間違いのようです。 公式サイトで配信されているので、良かったら見るのもいいと思いますー

【たまゆら~hitotose~ 第二話 やさしい香りに包まれた日、なので 感想】

ARIAを見ているようですごい素敵だった(*^^*) BDが欲しくなってきましたわw マッタリ感の中で、楓ちゃんとさよみお姉さんのその時だけ時間が止まったような素敵な時間がとても愛おしい。 ARIAスタッフはホントに貴重な存在です!

たまゆら TV版 第02話 感想

 たまゆら ~hitotose~  第02話 『やさしい香りに包まれた日、なので』 感想  次のページへ

たまゆら~hitotose~ #02 『やさしい香りに包まれた日、なので』 感想

  色々な表情と色々な風景。それはほんの少し見方を変えただけで とても素敵な優しいものに変化して...

たまゆら~hitotose~ 第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」

記事が恥ずかしいセリフ連発になりそうだw 今回も思いやりたっぷりの、ほっこり優しいひとときでしたね(^^) この作品の人たちはみんな超いい人たちなのですが、 ふだんは「痛い」人が多いのもまた事実なの...

たまゆら ~hitotose~ 第2話 「やさしい香りに包まれた日、なので」 感想

楽しい思い出を、みんなで―

たまゆら~hitotose~ 第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」レビュー・感想

OVAのその後のお話・・・ 楓のお父さんのと思い出探しもひと段落、今回は幼馴染のかおちゃんと写真館でで知り合ったのりえちゃん、麻音ちゃんとの交流を深めるためのお泊り会のお ...

たまゆら ~hitotose~ 第2話 「やさしい香りに包まれた日、なので」

 いい先生なのでしょうけど、駄洒落が……

たまゆら~hitotose~ 第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」

竹原に引っ越して1ヶ月…ってOVAの話は飛ばされた(^^; だから公式で配信やってるのね。 楓たちの担任は駄洒落が酷いw バッキンバッキンガムといい勝負な(ぇ ▼ たまゆら~hitotose~ 第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」  みんなでお泊り会を?...

たまゆら ~hitotose~ 第2話 「やさしい香りに包まれた日、なので」 感想

今回もいい話でしたね。 さよみ姉さんは、普段はあんなだけど、やっぱり年上なだけの事はあるなぁ。 写真が大好きな高校1年生、沢渡楓。あだ名は「ぽって」。 この春、海と山に囲まれた穏やかな瀬戸...

たまゆら~hitotose~ 第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」 感想

予想通り2話目からはOVAの続きなので 1話目の過去編からOVAの続きとなるこの2話が本編の開始といったところでしょうか、今回はとても印象の強い先生も登場し面白い話でした。

【たまゆら~hitotose~】2話 今回も癒されたが 楓の行動があざといと思った

たまゆら~hitotose~ #02 やさしい香りに包まれた日、なので 875 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/10/10(月) 09:59:07.69 ID:IyKToTad0 良い最終回だっった......

たまゆら~hitotose~「第2話 やさしい香りに包まれた日、なので」/ブログのエントリ

たまゆら~hitotose~「第2話 やさしい香りに包まれた日、なので」に関するブログのエントリページです。

たまゆら~hitotose~ 第2話

第2話『やさしい香りに包まれた日、なので』たまゆら~hitotose~第1巻 [Blu-ray]今回は、みんなでお泊り会です。

たまゆら~hitotose~ 第2話 「やさしい香りに包まれた日、なので」

「hitotose」 を調べてみると 『一年』 と書いて 『ひととせ』 と読むみたいですね。意味は、一年間。ある時。以前。 ではこの 『ひととせ』 を 『人と瀬』 と読んだ場合、どんな意味が考えられるん...

■たまゆら~hitotose~【第2話】やさしい香りに包まれた日、なので

たまゆら~hitotose~ #02の視聴感想です。 夢中。 慌てん坊。 お泊り会。 一面。 思い出。 必ずぽってに力をくれるから。 ↑さぁポチッとな

たまゆら ~hitotose~ 第2話 「やさしい香りに包まれた日、なので」

お気に入りは麻音ちゃん、なので  いつも口笛を吹いているちょっと不思議な子。大人しい性格で、活発な「かおちゃん」とは対極的。髪型も黒髪パッツンおかっぱ頭なので、か ...

アニメ感想 たまゆら~hitotose~ 第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」

アニメ感想 たまゆら~hitotose~ 第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」

たまゆら第2話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/10/post-8629.html

[アニメ]たまゆら ~hitotose~ 第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」

OVAの思い出はすべて詰め込んで、楓ちゃんのこれからの日々が明るいものになりそうな雰囲気がしたので……。

たまゆら~hitotose~第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」

たまゆら~hitotose~第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」です。 ひ

今度は私が・・・ 「たまゆら~hitotose~」 第2話の感想。

「ぽってにたっくさん、思い出をあげる」

2週続けて涙腺を刺激された、なので。『たまゆら』2話。

2話視聴前に、オフィシャルで、OVA全部見といてよかったー!□『たまゆら』(アニメたまゆら・公式サイト)    http://tamayura.info/と、いうことで。2話も、とても良かったん ...

たまゆら~hitotose~ 第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」・・・竹原の竹まつりは5月初旬だそうな

OVAとTVアニメの時系列をどう調整するんだろうと思ってましたが、結局OVA→2話という流れになりましたね。やはりというか、だからネット配信で見れるようにしてたのか。それと竹まつりは観光協会のサイト[http://www.takeharakankou.jp/]によると5月3日4日となってました?...

たまゆら ~hitotose~ 2

第2話 「やさしい香りに包まれた日、なので」 良くも悪くもサトジュン監督作品ですね、まったり感が半端ない。 でも前作のクロワーゼがそうだったように、変化がなさすぎてレビューがしづらいのが本音。 今作もどこまで続くか分かりません(汗) そういえばカレ...

たまゆら ~hitotose~ 第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」

亡き父との思い出の街・瀬戸内の竹原に引っ越してきた沢渡楓。今日も今日とて自分の世界に入り込んで、まったく人目を気にせず写真を撮ってる。父との思いでの山にも一緒に登った塙かおる、岡崎のりえ、桜田麻音とも仲良くなった。山登りのお話はOVAでの事なので、公式サ?...

たまゆら~hitotose~ 第2話感想「やさしい香りに包まれた日、なので」感想!

たまゆら~hitotose~ 第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」 やさしさに~包まれたなら~ ぽっては、ちょっと引っ込み思案。 これからはアグレッシブに! でも早速、クラスメイトに話しかけら...

たまゆら ~hitotose~ 2話 「やさしい香りに包まれた日、なので」(アニメ感想)

あら、高校入試がいつの間にやら終わってた。 まぁ、そんなところを描くようなアニメではないということだね。 それとも、OVAで描かれてるのかなぁ。やっぱOVAも見ないとだめなのかなぁ。 女の子同士のお...

たまゆら~hitotose~ 第2話

「やさしい香りに包まれた日、なので」 脚本:吉田玲子 絵コンテ:佐山聖子 演出:安田賢司 作画監督:伊藤郁子 「沢渡さんてチョー面白い。オモチャ系?」 第2話。 竹原編。 怪談とダジャレが好きな麻音たん萌え。 ※OVAの後の話。もう四人組が出来上がっている...