百花繚乱 サムライガールズ 第12話(最終回)「さよならの忠」

アニメ感想
12 /20 2010
「十兵衛は、どうしてこの世界に生まれてきたのかな?
どうせ消えちゃうなら、楽しい思い出なんてない方がよかった
生まれない方が、よかった…」


うわーん-。゚(゚´Д`゚)゚。
十兵衛、覚醒すると消えてしまうん?なんで?

最終回はいろいろ詰め込んで急展開でしたね!
徳川慶彦お兄ちゃんと戦ってるんだと思ってたら、いつの間にか触手と戦ってたw
いつから天草四郎の復活を止める話になってたの?

最後は十兵衛がみんなの力を託されたり、敵もろとも宇宙に飛んでっちゃったり、少年マンガみたいな展開でした。
シャルル・ド・ダルタニアンも生き返ったり、慶彦もデレたり、忠の力はすごいですね!

柳生義仙は、なんで天草四郎を復活させようとしてたんだろう?
天草四郎ってなんなんだろうw

話はよく分かんなかったけど、十兵衛1人だけ犠牲になっちゃうのが可哀想でした><
千姫とかぐつぐつとか、キャラがたってて可愛かったです♪


  




⇒その他の商品も見る

関連記事

コメント

非公開コメント

十衛兵が消えると同時に、第1次の戦が終わる。

・十衛兵と義仙の戦い、どことなくアスラクラインの鐵と鋼の激戦を見てるみたいで目が離せなかった。戦いに勝利と同時に、十衛兵が消え、又兵衛、半蔵、兼続とは契らないまま終わってしまった。だけど終わり方がどことなく、第2期があるでぇ。と言わんばかりの終わり方であった。ラスボスも成敗していない状態では、これで終わりとは思えないのもまた事実。もし続編が存在するなら、また十衛兵が戻ってきて、又兵衛、半蔵、兼続とも契を交わし、計6人のマスターサムライが揃う事を意味するから、ぜひ見てみたいかも。

最後はなんか、悲しいね。。。

十兵衛 とかいうと Get Backers の 筧 十兵衛 を どうしても思い出します

こちとらの冬型は
クリスマス過ぎから寒くなりそう・・・だそうです★

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

とりあえずなんか中途半端な終わり方だったかなとは思いました。なんか二期がありそうな臭いがプンプンします。

十兵衛たんと十兵衛さんの演じ分けもですが、同時期にそれ町のたっつんも見ていると悠木碧さんの演技の幅広さには感心されられっぱなしでした。

あとそれ町繋がりで慶彦様の櫻井さんがウキばあちゃんだったり、前期では黒執事のクロードさんだったりと声優さんって凄いなと思いました。執事だったりメイド長だったり将軍だったり。

お返事です♪

■オラクルさんへ
コメントありがとうございます♪
アスラクラインの鐵と鋼の激戦!
懐かしいですね~悲しい戦いでしたよね><

十衛兵が消えてしまったのが切なかったですね。
このまま帰って来ないなんて悲しすぎるので、ぜひ2期でまた笑顔を見せてほしいですね。

6人のマスターサムライ、ハーレムですねw
見たいです♪


■矢崎竜座さんへ
コメントありがとうございます♪
若干ムリヤリ終わらせた感じでしたねw
2期あるのかな?

悠木碧さん上手ですよね!
まだ10代ですよね?すごいです(*´ω`*)
たっつんとか大人っぽいですよね~

ウキばあちゃんもスゴイですねw
櫻井さんはイケメン声しか知らなかったのでビックリでした( *´艸`)

トラックバック

百花繚乱 サムライガールズ 12話(最終回)

一途な想いは成層圏すら突き抜ける。というわけで、「百花繚乱 サムライガールズ」12話(最終回)玉砕アタックの巻。消滅する運命を受け入れ、自らキス。妹十兵衛の愛と、それに ...

百花繚乱サムライガールズ 第12話(最終話)『さよならの忠』

今度チュウしたら十兵衛(天然)は消えちゃう! 結局そのことは言わず、宗朗とチュウをする十兵衛。こうして十兵衛が完全体となりました。 天草四郎をペロペロやって復活に備える義仙。なんでこんな事しなきゃ復活しないのかは不明です。しかも十兵衛とセットじゃないと厳...

【百花繚乱】最終話 これはBD/DVDが売れたら2期あるで

百花繚乱 SAMURAI GIRLS #12 さよならの忠 837 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2010/12/20(月) 00:56:09 ID:Ugmna3WE0 やべえ無駄に壮大なアニメになってたw 840...

「百花繚乱サムライガールズ」第12話(終)

  第拾弐話「さよならの忠」(終)結界の内部では無気味な生物が群れをなして蠢いていた。学生たちの恐怖を糧として己の力を増大させる天草と義仙。一方、真の将として覚醒した宗...

百花繚乱 サムライガールズ第十二話 感想

信頼と絆がある限り 「百花繚乱 サムライガールズ」第十二話感想です。 百花繚乱 サムライガールズ 第一巻 [Blu-ray](2010/11/25)悠木碧、平川大輔 他商品詳細を見る

百花繚乱 サムライガールズ 第12話 「さよならの忠」

真の契りで消えてしまう運命の十兵衛ちゃん。 どうせ消えるなら楽しい思い出なんてない方が良かった…。   揺れる十兵衛ちゃんに、宗朗は居てくれたことをありがとうと。 そして、楽しかった。柳生道場で...

百花繚乱サムライガールズ:12話感想&総括

百花繚乱サムライガールズの感想です。 終盤の爆進具合に驚いた(笑)

百花繚乱サムライガールズ第12話(最終話)...

今期のレビュー作その1「百花繚乱サムライガールズ」終了評価絵 16点話 14点キャラ 15点音楽 15点魅力 14点総合・74点※アニメ評価※詳細ページ感想・なぜ白黒?...

百花繚乱 サムライガールズ 第12話 (最終回)「さよならの忠」 感想

何という終わり方! まさか、こんな事になるとは予想だにしませんでした。 霊的エネルギーの結界に包まれた武應学園塾。 結界の内部では巨大なブロブが群となって蠢き、学園にとりついた繭は その...

百花繚乱 サムライガールズ 第12話 「さよならの忠」 (最終回)

「ねっ、聞えるでしょ…お兄ちゃんの声が!」 ということでついに最終回。ここ数話で話が一気に加速したこの作品だけど最終話はある意味あのいちばんうしろの大魔王も真っ青な超展開だったかもしれない(笑)

百花繚乱サムライガールズ12話 最終的に超熱くなった件

宗朗が真の将になった事で三人のマスライ達の仮免も取れて準備万端、ラストバトルいよいよ開戦です。偉そうに支持を飛ばす宗朗がなんとも印象的。 一つになった真・十兵衛に綻び分が付加されて幾分柔ら...

百花繚乱 サムライガールズ 第12話(最終話)

百花繚乱 サムライガールズ 第12話(最終話) 『さよならの忠』 ≪あらすじ≫ 次のキスで真の契りを交わすことで、これまでの明るい十兵衛は消滅する。そう突き付けられてなお、十兵衛は例え自分が消滅して...

百花繚乱 サムライガールズ #12 12/21 (あらすじと感想)

 そして、十兵衛ちゃんの思いは天を駆ける。  覚醒寸前の天草四郎の力によって、辺りは壊滅状態。自らの人格消滅を知る十兵衛ちゃんは、その悲しみを受け止め、宗朗くんと最後の接吻をします。  真の覚醒を得た十兵衛ちゃんをもってしても、義仙ちゃんと天草四郎...

百花繚乱 サムライガールズ 12話(最終話)「さよならの忠」(感想)

十兵衛と義仙の最後の戦い!! 全てのキャラクターに見せ場を与えた最終回。 慶彦様やニアも良いキャラに変貌しました!! 本作は声優さんの演技がわかりやすく楽しめました。 義仙の水原薫さんも良かったですが、 主役の悠木さんが飛びぬけてよかったです。  

百花繚乱サムライガールズ 第拾弐話「さよならの忠」

ちょ、えっ、えぇぇぇ?! マジですか?これで本当に終わり?! ま、まぁ、おっぱいと墨のアニメだからしょうがないけど 強引にEDにもっていったな… 百花繚乱 サムライガールズ 第一巻 [Blu-ray]メディアファクトリー 2010-11-25売り上げランキング ...

【百花繚乱サムライガールズ 最終話-さよならの忠】

それは、信頼と絆の物語。

『百花繚乱サムライガールズ』 最終回 観ました

まさかこの作品の終わりがこんなになるとは・・・ 『そして十兵衛は居なくなった・・・』 冗談抜きにここまで熱くなる展開を予想していなかったです。 そりゃ、展開そのものは...

百花繚乱 サムライガールズ 第拾弐話 さよならの忠  レビュー キャプ 最終話

ニアを背負って、崩れた地下から脱出しようとする慶彦。 おおっ!慶彦、改心したんだね。これぞ、愛の力! ニアは動けない自分を置いていけと慶彦に言うが、もう 慶彦はそんな事をするわけがない。しかし、ニアは… 死んじゃった!? 慶彦も一度はニアを諦めそうになるが...

百花繚乱 サムライガールズ 第拾弐話(最終話)「さよならの忠」

崩壊する施設の中で、将である徳川慶彦を庇って傷ついたシャルル・ド・ダルタニアンは、慶彦に逃げるように告げながら命を落として。そんなニアに慶彦は自分に命令するなと毒づきながらも、ニアに目を覚ますよう必死に呼びかけ続ける。心の中でマスター十兵衛から、次の契...

百花繚乱サムライガールズ 第12話(最終回)

(驚きの白さ) 百花繚乱サムライガールズ 第12話(最終回) の所感です。

百花繚乱 サムライガールズ 第12話 「第拾弐話 さよならの忠 」

大門ダヨ 次にキスをすれば マスターサムライ化する前の人格が消えてしまう、という中 今後の戦いの為に・・・