スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刀語 第12話(最終回)「炎刀・銃」

刀語
12 /12 2010
とがめ~。゚(゚´д`゚)゚。

こんな終わり方のアニメ珍しいですね。
やっぱりハッピーエンドの物語の方が多いのかな?

理不尽な運命に翻弄されて、人間1人の力なんてとてもちっぽけ。
誰の願いも叶わない、誰も幸せになれない、そんな世界だとしても。
だけど、確かに生きていた。それだけが確かなこと。
1年、早かったなぁ~

「そなたとの契約は、私の死をもって終了とする」

とがめの死で、鑢七花は完成系変体刀として完了!
とがめが死んじゃうなんて。゚(。ノω\。)゚。ウワァーン
白蛇が美しくて印象的な別れのシーンでしたね。

とがめの仇を討つ七花は圧倒的強さで、家鳴将軍家御側人十一人衆を撃破。
このシーンはちょっと単調だったけど、とがめの服着てるのが感動的。
とがめを失った七花には凄みがありました。

「姫様のために死ぬことをお許しください」

左右田右衛門左衛門は最後までカッコよかったです。
自分の命を差し出して、否定姫の目的を叶えようとした。
否定姫もとがめも、自分の意志ではなくて運命に従って生きてきたのかな。
だから七花は、否定姫を生かしたんでしょうか。

四季崎記紀の、歴史の改ざんは失敗。

四季崎記紀は、100年後の戦争で国が滅ぶのを、阻止しようとしたんですね。
未来の力を使って介入しても、歴史の大きな流れは変えられない。
みんなの死は無駄だった・・・?
それでもこの改変が、少しは未来に影響するのかな?
1人1人の生きた証が、無駄ではなかったと思いたいですね・・・

「私が死んだら、ちぇりおを気合を呼び覚ますための掛け声として、日本中に流行らせてくれ…」

最後までちぇりお(´;ω;`)
七花は、ちぇりおを流行らすための旅に出たのかな・・
否定姫まで付いてくるのがビックリでしたね!
この後2人が・・・ていう展開はあるんでしょうか。

七花にはずっと、とがめを想い続けてほしいけど・・・でも生きるっていうことは過去を思い出にしていくことなのかなぁ。
とがめに人間らしい心を教えられた七花だから、これからも人間らしく生きていくのかも。

女性声優さんがみんなうまくて、すごい長ゼリフも雰囲気ありましたね。
とがめの可愛さや七実の怖さが印象的でした。


 

→刀語 グッズいろいろ

 

★刀語 新商品を検索★
関連記事

コメント

非公開コメント

えええ~~!?
マジ!?
とがめ死んでしまうの!?
これ録画してて見てないの。
早速見なくては~~(><)
まさかまさかの結末だよ~!

トラックバック

刀語 第十二話 炎刀・銃

 まさかそういう終わり方をするとは……

刀語 第12話 「炎刀・銃」

とがめの死を持って完成した変体刀・虚刀流「七花」。 四季崎記紀の目論みとは、歴史の改竄。 尾張幕府の終わりであった…? ▼ 刀語 第12話 「炎刀・銃」  最期に際して、とがめは、七花に言ってきたことは全て嘘だと語る。 七花を利用するために自分すらも...

刀語 12話『炎刀・銃』

そもそもきみは歴史とは何だと思う

刀語 第12話「炎刀・銃」(最終回)

刀語 オリジナル・サウンドトラック Vol.2(2010/12/22)岩崎琢商品詳細を見る  10分ほど使用した七花ととがめの別れのシーン。第6話で先取りしていたのですね。右衛門左衛門が急所を外してくれたおかげか...

刀語 第12話(最終話)「炎刀・銃(エントウ・ジュウ)」

とがめ最後の奇策

【刀語】最終話 あっという間の1年だったな

刀語 #12 炎刀・銃 771 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2010/12/11(土) 02:34:04 ID:HbBdAe3uP これはいい新婚旅行EDだった 773 名前:風の谷の名無しさん@実況は実...

刀語 12話(最終回)

歴史とは作られるものではなく、紡がれるもの。というわけで、「刀語」12話(最終回)容赦姫よ安らかにの巻。とがめさんは死んだ。最期の会話は少々長かったが、あっさり死んだ。 ...

刀語 第12話(最終回) 『炎刀・銃』 感想

まさに圧巻。拍手喝采の最終回。刀語 第12話(最終回) 『炎刀・銃』 の感想です。

アニメ「刀語」 第12(最終)話 炎刀・銃

刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)(2007/12/04)西尾 維新商品詳細を見る いるかそんなもん!ちぇりお――!! 毎月1話放送、「刀語」第12話の(ほぼ)感想です。 天下など。 (感想...

刀語 第12話(最終回)「炎刀・銃」

刀語終幕---------------。いよいよ1年に渡って放送されてきた大河アニメも最終回。後半は放送時間が週末に変わったので視聴が後回しになってしまい感想もすべてはかけなくなってしまい...

刀語 第12話(最終回) 「炎刀・銃」 感想

 1年続いた刀語もいよいよ最終回…!1話がなんかもう昔のようです…。右衛門左衛門にとがめが撃たれるという、衝撃な展開で終わった前回…一体七花ととがめはどうなってしまうのでしょうか…?最後の戦いが七花を待ち受けていました。  ラストの七花対右衛門左衛門の...

刀語 第12話「炎刀・銃」

『最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、尾張幕府へと謙譲されてしまう。そしてその場で、現将軍・家鳴匡綱語られた完成形変体刀の真実は、誰もが驚愕するものであった。そして、七花ととが...

刀語「第十二話 炎刀・銃」

刀語も遂に最終回。 大乱の首謀者として一族全て滅ぼされ。 ただ一人生き残り、尾張幕府に近づくために 四季崎記紀が作った12本をこれまで集めてきましたが。 11話の時点で、右衛門左衛門に炎刀銃で撃...

刀語 第12話(最終回) 「炎刀・銃(エントウ・ジュウ)」 感想

黒歴史ならぬ嘘歴史。 全ての物語の結末を今宵。 全ての視聴者にありがとう。 拳銃 VS 無刀 最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、 尾張幕府へと謙譲されてしまう。 そし...

刀語 第12話「炎刀・銃」

「私が死んだら、ちぇりおを気合を呼び覚ますための 掛け声として日本中に流行らせてくれ」

刀語 第12話(最終話)

刀語 第12話(最終話) 『炎刀・銃』 ≪あらすじ≫ 伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた完成形変体刀十二本を求め、無刀の剣士である虚刀流七代目当主・鑢七花(やすり・しちか)と美貌の奇...

刀語 第12話(最終回)「炎刀・銃」&シリーズ感想

なんたる名作!! 歴史ドラマに特有の面白さ・感慨深さが、ぎゅっと濃縮された物語だった!

刀語#12(最終話)「炎刀・銃」感想

炎刀・銃によって撃たれたとがめ!尾張幕府に献上される12本の刀。「拳銃VS無刀」あらすじは公式からです。最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、尾張幕府へと謙...

刀語 第12話 最終回 感想

 刀語  第12話 『炎刀・銃』 感想  最終回    次のページへ

「刀語」第12話(終)

  第12話「炎刀・銃」(終)十二ヶ月かけて集められた変体刀は、尾張幕府に献上されていた。時の将軍、家鳴匡綱との謁見は、変体刀蒐集を成し遂げた褒美として与えられる、とが...

刀語 第十二話『炎刀 銃(エントウ・ジュウ)』(最終話)

『七花、私が死んだら“ちぇりお”を気合を入れる掛け声として、日本中にはやらせてくれ』 『“ちぇりお”を間違った意味ではやらせるなんて、俺一人じゃ出来ないよ』 まさかの流れに…途中まではこれも奇策の一環かと信じてた(涙) 刀語 第十二巻 / 炎刀・銃 【完全生…

刀語 第12話(最終話) 「炎刀・銃」 感想

★★★★★★★★★★(10:素晴らしい) 運命と歴史の流れに翻弄された者達の、悲しくも前向きな物語。 凄く良かったですね。 ずしりと胸に痛みを伴うラストではあるのだけれど、 どこか晴れ晴れとした心持ちに...

刀語 第12話(最終回)

(すっごくショボくれたとがめ…ではありません) 刀語 第12話(最終回)の所感です。

刀語 第十二話 「炎刀・銃」 

十話、十一話を見逃したので、ついていけないかな?と思ったんですが、最終回は最終回として楽しく・・・いや、感慨深く見させていただきました。 もう最後の来宮さんのナレ ...

(アニメ感想) 刀語 第12話 「炎刀・銃」

刀語 第九巻 / 王刀・鋸 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、尾張幕府へと謙譲されてしまう。そしてその場で、現将 ...

刀語 第十二話「炎刀『銃』」

刀語(第12話) すばらしかった! 何がというわけではなく全てがすばらしかった!! あっという間の1年。 この1年は本当に毎月毎月が楽しみでした。 おっ、1月になったから刀語だ! おっ、2月に...

刀語 第十二話(最終話)「炎刀・銃」

左右田右衛門左衛門の放った炎刀・銃による銃弾を浴びて倒れる尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督・奇策士とがめ。驚く鑢七花に、右衛門左衛門はとがめの真の名が容赦姫であると語る。全てを否定する否定姫と対立していたとがめの名前が容赦姫。否定姫がとがめは全て...

刀語 第十二話(最終話)「炎刀・銃」

左右田右衛門左衛門の放った炎刀・銃による銃弾を浴びて倒れる尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督・奇策士とがめ。 驚く鑢七花に、右衛門左衛門はとがめの真の名が容赦姫であると語る。 全てを否定する...

刀語ーカタナガタリー第12話

サブタイトルは「炎刀・銃」 実在したかも知れない虚刀流の存在を容赦するか、あり得たかも知れないもう一つの歴史を否定するか。 この「刀語」は実在したかも知れないもう一つの ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。