RAINBOW 二舎六房の七人 第1話「After the rain」

アニメ感想
04 /07 2010
二舎六房、おっかない~((((;゚Д゚)))

これは実話!?
二舎六房の異様さとか、みんなでタバコまわしたりとか、視覚的なドラマの見せ方がうまいですね。


舞台は、昭和30年。
戦後の混乱期で裁判などもままならない中、湘南特別少年院・二舎六房に入ることになった少年(?)たちの物語。
少年に見えない人もいるけれどw

望まずに罪を犯した者、濡れ衣を着せられた者、今なら情状酌量が認められそうなものだけど
この湘南特別少年院では看守たちがルールで、非人道的な虐待さえ行われていて。
それに耐えて何人が無事に出所できるのか・・・


アンチャンかっこいい( ・∀・)

桜木六郎太、非常に頭がよくて頼りになる男ですね。
小山力也さんの声がシブすぎるw
しかし死亡フラグたちすぎで心配です


小栗旬も出てるんですね!
主人公っぽい水上真理雄役。
ふつうに上手で気付かなかったw

泥臭い絵と演出だけど、緊迫感があって面白かったです。


  

 

 【30%OFF】ジグソーパズル:150ピース(ミニ) TV・アニメ・映画/ビックコミックスピリッツ「...
関連記事

コメント

非公開コメント

アンチャンの末路が見えてますね。汗

空子さん、ちょりっす。友達の推薦で観たんですけど
うーん…なんかこういう背景とかドラマって散々
描き尽くされた感じがして、あんま乗れなかったです。

やっさぱり最高なのは小山さんでしょうね♪
しかしナレーションがモロに綾波っぽくて。笑

空想野郎さんへ

コメントありがとうございます♪
アンチャン・・・(´ノω;`)
みんな揃って出所してほしいけど、どうなるんでしょうね~;

>ナレーションがモロに綾波
確かにww
小山さん、シブくてカッコよかったですね!

ストーリーはそうですね、どれだけオリジナルを見せてくれるかが楽しみですね。

トラックバック

[感想][アニメ]RAINBOW 二舎六房の七人 第1話「After the rain」視聴

彼らを支えていたのは勇気と根性と絆だった 昭和30年の少年院の話かなりリアリティのあるつくりになっていて雰囲気は暗め1話の内容は出会い 囚えられ独房にいれられこれからどうなるかもわからない暗澹の空気が立ち込めるそんな中での出会い素晴らしいですよね闇の中に一筋

RAINBOW 二舎六房の七人 CRIME 1. 「After the rain」

「うんめぇ・・・」 やっべぇ、すげー面白い! ※番組中の過激なシーンは時代性を考慮した上で  重要であると考えております ...

RAINBOW-二舎六房の七人-第1話

うーん…まあ始まりから「ありがち」な昔の アニメや漫画っぽい。「あしたのジョー」的なノリで。 てっきり小栗声の真理夫がメインなのかと思ってたら、 小山さん演じるアンチャンが、主軸を握っていた。 wikiで見たら、やっぱりなーな最後だったんで、 ダーク路線...