トライアングル 第11話「終わらない愛と絆」

トライアングル
03 /17 2009
ついに25年前の事件の真相が明らかに!

さんざん引っ張ってきましたが、やっとですね!



郷田亮二(江口洋介)は犯人に会いに行くと、なぜかスタジアムへ。
そこにいたのは、葛城 均(大杉漣)。。。

亮二は娘を殺したのは均だと詰め寄ります。
ところが、そんな2人を狙う銃口が!


なんと、犯人は・・・

続きを読む

トライアングル 第10話「犯人は此処にいる」

トライアングル
03 /11 2009
何者かによって狙撃されたサチ!

撃ったのは現場にいた郷田亮二(江口洋介)でも葛城 均(大杉漣)でも丸山(小日向文世)さんでもなかった!
じゃあ、誰~!?



前回絶命したかと思わせて、予告で生きていていたサチ(広末涼子)なのですが・・・
やっぱり。。。


サチの最後の言葉は、「真実を明らかにしても救われない」ということ。
「さらに重い荷物を背負うことになる気がする」と。

たしかに、犯人がわかっても死んだ人は戻らない。
遺族の苦しみは消えません。。。

「もっと、あなたの笑った顔・・・
もっと・・・見たかったな・・・」



・゚・(ノД`)・゚・

続きを読む

トライアングル 第9話「残酷な真実」

トライアングル
03 /03 2009
「オレはただ、真実が知りたいだけです」

25年前の事件現場に立つ郷田亮二(江口洋介)



なぜかそこへ現れた黒木信造(北大路欣也)

「犯人だと示す確実な証拠がない限り、
真実とは言えないんだよ」


と言って去って行きます。
なにしに来たんですか・・・(=ω=;)


証拠探せって言ってるんでしょうか?
味方なの??




さらに、舜(稲垣吾郎)あてに
「25年前の事件はまだ終わっていない」
という謎の電話を宮部(浅野和之)にさせたのも父・信造でした。


「感情に走ると見えるものも見えなくなる
事実だけを見つめろ」



そう言って渡した新聞の切り抜きには、八ヶ岳の郷田家の別荘の火事の記事が。。。
その火災で亮二の両親と兄が亡くなり、亮二と妹・唯衣(相武紗希)だけが助かっていた。
火災の原因について、信造は調べてるらしいです。

この火事も25年前の事件と関係が?
その話だけだと亮二が怪しいですが・・・


唯衣「兄が私をおぶって逃げてくれた

あの火災のことは、触れてほしくないみたい」


続きを読む

トライアングル 第8話 「誰も信じられない」

トライアングル
02 /24 2009
なぜ時効が過ぎるのを待っていたのか

あの日、なにを見たのか・・・


別になにも見てませんでした!


25年前、亮二(江口洋介)は殺された葛城佐智絵の第1発見者だった。
そして遺体に近づいたとき、背後から何者かの声を聞いたのです。


「動くな 振り向くな
後ろを振り向けば、お前を殺す」


その男が、犯人・・・?
子供亮二はその声が怖くて、その男にずっと監視されてる気がして、なにも言えなかったんですね。
て、そんな理由ー!?


「黙ってたほうがいい
誰かに話すと、今度はお前が危ない

時効が成立するまで、見つからなければいい」



それを聞いた亮二のお兄ちゃんも、よく分からないアドバイスを。


子供だから怖かったのは仕方ないけど・・・
でも25年きっかり待って調べださなくてもw
調べるから結局狙われてるし。

その25年、意味ないんじゃ・・・(ノ∀`*)
それにインターポール入る意味もよくわからない・・・


「その男が上海まで来てあなたを狙った

あなたの存在に、今度はその男が脅えて
今度はあなたを殺そうとした」



上海の事件と25年前の事件は繋がってるんでしょうか?
もう時効が成立してるのに・・・
余計なことして罪を重ねるなんて、犯人もバカですよね(つ∀`*)

続きを読む

トライアングル 第7話 「その男上海に死す」

トライアングル
02 /17 2009
「サチさんは私の、たった1人の、血のつながった妹です」

そう言って上海へ行ってしまった志摩野(堺雅人)

上海来いってことですか!?誘ってますか!?



サチ(広末涼子)郷田亮二(江口洋介)は志摩野の真意を確かめるため、上海へ。

なぜか秋本(佐々木蔵之介)も一緒です!
なんでww


志摩野とサチの母親は、2人を捨てたんだそうです・・・
それで志摩野は不動産王?に拾われて。

でも、志摩野の会社、破産したんですね。
しかも、志摩野は相当あくどいこともやってて、詐欺の容疑が・・・


そんな志摩野、何者かに襲われます。
まぁ、恨みとかもかってるでしょうね。

そんな志摩野を心配し、亮二は志摩野をホテルの自分の部屋に泊まらせます。

これが全ての間違いだった!

続きを読む