魍魎の匣 第13話 「魍魎の匣、あるいは人の事」

魍魎の匣
12 /31 2008
科学の再婚!?
それはどういうこと??

久保もまた犠牲者だった・・・

久保は匣に入った加菜子を見て、通りものに当たってしまったんですね。
たしかにインパクトありますよね・・・;

1話冒頭の久保の小説は、実際に久保の身に起きたことだった!

雨宮が愛していたのは・・・加菜子!
陽子さんじゃなかったのか!

ロリコンだったんですね!?

いやいや愛とは穏やかな日常の繰り返し。
その通りだと思います。。。
でもそんな日常も簡単に壊れてしまうんですね・・・
通りものに出会ってしまえば。

雨宮は加菜子の手足を、加菜子が見たいと言っていた湖へ運び、水葬に。
愛ですね。

湖で見つかったバラバラの手足は加菜子のものだったんですね!
血液型が違うって言ってたのは、違う遺体のだったっけ・・・?
よく覚えてないですが・・・ちゃんと調べなかったんでしょうか・・・

続きを読む

スポンサーサイト

魍魎の匣 第12話「脳髄の事」

魍魎の匣
12 /24 2008
ラストでびっくり~~Σ(; ゚Д゚)

どういうことですかソレー!?


箱型の研究所に到着した関口たち!
そこでは今まさに木場が美馬坂を撃とうとしていた!

ハズなんですが、いきなり教会で( ゚д゚)ポカーン
関口が女の子抱えてるしw

これも久保の小説なんですね・・・と思ったら関口の小説か!

すべての物語に終わりをもたらす殺し屋登場!

続きを読む

魍魎の匣 第11話「魔窟の事」

魍魎の匣
12 /17 2008
今日も、京極堂さんは外出中です

2度目の外出になりますw

バラバラ事件の犯人は、久保だった。
しかし、久保は殺されてしまいました!

久保を殺したのは誰?
そして、久保が魔窟で見たものって?


「これじゃ、殺人のパラドックスだ」


バラバラの事件と、ほかの事件の犯人は同一じゃない・・・?
加菜子をホームから突き落とした人、箱屋敷から誘拐した人。
須崎太郎を殺した犯人。

頼子の黒衣の男の話は、あまり当てにならなそうですが・・・;



「ボクにはさっきから気になってしょうがないんだよ
その白衣の男が」


榎木津さん、なにか見えてるんですね。
白衣の男って、美馬坂?


美馬坂と京極堂は旧知の間柄でした。

京極堂さんも、徴兵されてたんですね・・・
そのとき箱館で一緒に働いていたそうです。

続きを読む

魍魎の匣 第10話 「鬼の事」

魍魎の匣
12 /10 2008
京極堂さんがついに・・・

家の外に出ました!





「関口くん・・・
鬼を祓う役目をおった陰陽師はね
やがて権力から遠ざかると
その身に穢れを引き受けた代償としてね

鬼になったんだよ


京極堂さんも、鬼になっちゃうのー!?


「行こうか」

京極堂さん、なんですかその手袋!
髪もセットしてますよw

これからバトルですかという感じです。
でもなんかカッコイイですw



「京極堂がこうして自ら動くのは珍しい
彼が陰陽師として動くとき
鬼になれねばならぬからかもしれない」


犯人当てるのに、陰陽師になる必要はないと思いますが・・・w

続きを読む

魍魎の匣 第9話 「娘人形の事」

魍魎の匣
12 /03 2008
亀くんとデートヽ(*´∀`*)人(*´∀`*)ノ


ぞっとしないねぃw

しかも、この亀さんは御亀様です( ノ∀`*)



って、それどころじゃないよー!!

゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウワァァァン!!

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。