屍鬼 第22話(最終回)「蔡蒐話」

屍鬼
12 /31 2010
屍鬼と人間の戦いも終焉。
結局なにと戦っていたのか・・・運命だったのか神だったのか。
誰も救われない悲しい物語でした。

「こんな村最初からなければよかったのよ…
こんな村に生まれてこなければよかった…!」


村から出たかった恵の悲痛な叫びは可哀想でした。゚( ゚´д`゚ )゚。
屍鬼も人間も、生まれたくて生まれたわけじゃないのは同じ。
秩序の中でしか生きられないのも同じ。

続きを読む

スポンサーサイト

屍鬼 第21話「第腐汰悼と悲屠話」

屍鬼
12 /24 2010
自分で自分を殺そうとしたのは、世界に絶望したから。

屍鬼狩りはますます凄惨なことになって、目を覆いたくなる惨状ですね。゚(。ノω\。)゚。
死体の山を前に、笑いながら食事できるほどに麻痺してしまった村人。
その異常な光景は、とても不気味です。

追い詰められ、狩られる側になった沙子は、今はただ怯えてすがるだけ。
沙子はホントにただの子供で、どれだけ長く生きても、もう人じゃないから成長できない。
その不完全さが、滅びに抵抗してもがく姿が、美しい。

静信はなぜ屍鬼に惹かれたのか、何にそんなに絶望したのか。
静信の口から語られる理由は、ちょっと不可解だったかもしれないw

続きを読む

屍鬼 第20話「第腐汰悼話」

屍鬼
12 /17 2010
うわーん ゚・(ノД`)ノ・゚・凄絶すぎる~!

次々人間に狩られる屍鬼。
この光景は凄まじいですね・・・(゚д゚;)
すこぉし気分が悪くなりますw

躊躇していた人間も、やがて感覚は麻痺して罪悪感がなくなり、その行動はエスカレートしていく。
あくまで医師として冷静な尾崎敏夫とは対照的に。
こういう人間心理の描写がすごいですね。

続きを読む

屍鬼 第19話「第悼と柩話」

屍鬼
12 /10 2010
オレは、屍鬼を狩ろうと思う。

ついにはじまった人間の反撃。
これは理屈ではない、生き残りをかけた戦い。

弱い生物は淘汰されていく定めだけど、それならどうして、なんのために屍鬼なんて生き物が生まれてしまったんでしょうか・・・
人と同じ顔をして、同じ記憶を持って。
それじゃ人間と同じ。同じにしか見えない。

続きを読む

屍鬼 第18話「第悼と夜話」

屍鬼
12 /03 2010
なんかやっぱり可哀想なんだよ(´;ω;`)

人間も屍鬼もどっちも。
ただ生きたいだけなのに。
なんで戦わなきゃいけないの。

そう思っちゃうのは、なにもしなかった村人と同じなのかな?
なにが正しいかなんて考え出したら、なにも出来なくなっちゃう。
だから尾崎敏夫も結城夏野も、もう迷わないんでしょうか。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。